家田農園 ~いえちゃんの野菜~

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧




今までありがとうございました

昨日の販売、ご購入いただいたお客様どうもありがとうございました。

和花葉さんのランチにうちの野菜がふんだんに使ってもらっていたので
進んで買いにきていただき感謝感謝です。
西出さんの料理はいつ来ても満足しますよねぇ♪
私は畑作業していたので食しておらず残念ですが…。

d0090842_1815024.jpg毎年恒例の鶏さん解体を本日決行!
近年はなぜだかクリスマス前に行っている。
別にクリスマスに調理されるわけではないですが。

今年は子供のおる前でしめました。
どんな反応するかと思っていたら、悲しむ嫌な顔するわけでもなく、いつも通りのおどけた言動で終わり。命をいただくというのはまだまだ理解できないんでしょうね。毛も一緒になってむしってたし。

年末に向け一つ一つ行事が終わっていく。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-23 18:02 | 生活

もっと早く告知すべき・・・

急な話ですが

明日、松阪市広瀬町の「和花葉」さんにて野菜の販売します。

時間は13:00頃から(売り切れ次第終了)


クリスマスランチ(予約制)の日で「和花葉」さんと「にこぱん」さんの特別ランチ。

予約していない方はお食事できませんが野菜だけの購入でもOKデス。


お待ちしていまーす。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-21 22:10 | 野菜販売

適正

今週胃腸風邪をひき丸一日寝込み食事もとれず苦しい思いをしました。
水曜に調子を崩し、今でもおかゆで本調子ではありません。

自分は高校生の時80kg、多い時で85kgぐらいありました。
身長は181cmでちょっと高い方なのでパッと見おデブちゃんとまではいかなかったかなと思いますが、頬やおなかは結構膨れていました。

大学入ってからは一人暮らしと共に平均体重72kg前後に収まり今でも68~73kgぐらいかなと。でもお腹だけは膨れているのが時々気になる。

病気の断食してみると自分のお腹がどんだけ凹んだかがよう分かります。
常日頃が食べ過ぎているのか適正なのか、まぁ仕事もそこそこ動けているのでええんでしょうが、朝起きてお腹が重い日が結構あるのを考慮すると食べ過ぎなんでしょう。
でも今は栄養不足(低栄養に慣れていない)からか力が入りづらく100%はまだ遠い。

自分の体を見つめ直す病気でした。
そしてこのことは畑の野菜への適正施肥と同じであろうと思っています。
体であれば自分で食べ過ぎたと思えば自分で量を加減します。
野菜は野菜を見て観察し食べ過ぎかどうか何が欲しいのか判断してあげるのがプロでしょうね。
近づけるように前進あるのみです。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-17 06:58 |

さといも貯蔵

d0090842_15171932.jpg今朝から予想外の雨降り。一日曇りと思っていたがどうやら夜まで降るらしいではないか!諦めて事務整理。

昨日里芋の種イモを貯蔵しました。
毎年同じ方法で畑の片隅に穴掘って埋めておく。
今までで失敗したのは5,6年前に一度だけ。盛り土の高さが低かったからか、雨水の混入があったからかで半分腐っていた。

去年はこの作業11月末に行っていた。ひどく寒かったから。今年は反対に暖かすぎてまだ葉っぱが青い。でもいつまでもこのままにしておくわけにもいかないので種イモだけはやれるときに片づけておく。津の町の畑だったら畑に植わったままビニールでもかけておけば来年まで持つらしい。うらやましい。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-08 15:26 |

勘所

d0090842_2132953.jpg
草質堆肥を作ってみる。

今までは購入した牛糞堆肥や鶏ふん堆肥を使用していましたが、動物性堆肥をやめて植物性堆肥に切り替えるつもりです。で、手はじめに草質堆肥を作ってみる。

微生物が活発に動いてもらうためには温度、水分、空気などが重要。

発熱はするが快調な発酵なのかは?
これから失敗成功を繰り返してコツをマスターするしかない。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-06 21:41 |

少しずつ

自分は今まで有機農業をしているという気持ちはあまりなく
美味しい野菜、農薬のかけていない野菜を生産するんだという思いで育てていました。

しかし、野菜につく害虫や病気がだんだんと増えこれは何かがおかしいと思うようになり一から勉強しなおしている最中です。害虫や病気が出ず順調に育っていればそれはそれでいいと思います。農業といっても大規模にやられる方もおれば、きちっと計画的に生産出荷される方もいます。使用する肥料・堆肥も作り手によって様々です。使い方にこだわりを持ち、適正に施肥しておられる方もたくさんいます。生産技術など見習う点は本当に多いです。

ただ自分の場合、施している鶏ふん牛糞米ぬかなどなどの使い方・質・量の配慮ができておらず虫達が教えてくれたんだと考えています。
(11月21日の記事で動物性やら植物性やら書きましたが、決して動物性が悪いわけでなく、植物性が絶対だという決めつけではありません。誤解を招くとあかんので)

配慮が足らなかった為に土壌が不健康になり生き物のバランスが崩れてしまった。
美味しい野菜・健康な野菜は健康な土壌から育つはず。健康な野菜こそが人の健康を支える。

なかなかうまくは説明できませんが、少しずつ有機農業の意味が見えてきたように思います。
[PR]



by Inouenn | 2011-12-04 21:41 |

宇陀セミナー

12月1,2日と奈良県宇陀市で行われた農業セミナーに行ってきました。

奈良県の先進農家の圃場・堆肥など見学させてもらったり、数々の本の出版されている大ベテランの先生のお話を聞かせてもらったりと有意義な2日間をすごさせてもらいました。

農家によってやりかたも考え方も様々で自分のこれからについてとても勉強になりました。d0090842_8313437.jpg
[PR]



by Inouenn | 2011-12-03 08:38 |

落ち葉

今日から12月だというのにいうほど寒くないですね。
昨日は暑いぐらいやったし。

玉ねぎやキャベツの定植も終わり本来ならば収穫・出荷・畑の片づけ・収穫・出荷の毎日でしたが今年は収穫物が少ないのでせっせと堆肥づくりに励んでいます。

自分のこれからの農法をいろいろ考えていますが、1町歩の畑にすべて堆肥を入れることは難しく(今現在屋根つきの堆肥舎があるわけでもないので大量生産できない)、緑肥と合わせて栽培するところに落ち着きそう。そして種取も少しずつ始めようかと。でも肥料をバンバン投入してきた畑から採取した種では生命力の強い種は生まれず、まずは土壌にたまっている肥料を抜かねばならないらしい。自然農法の話を聞くと今までの自分の行いがいかにまずかったかを思い知らされます。土壌本来の力を引き出すことをせず、肥料で野菜を育てるんだという観念が間違っていました。土壌微生物が育てている事に目を向けないで…。

自分の家の近辺で集められる材料を使い、畑を森と同じような環境に近づける為に少しずつではありますが堆肥作りを進めています。微生物の宝庫の落ち葉をせっせと集め。d0090842_10232090.jpg
[PR]



by Inouenn | 2011-12-01 10:41 |

安心安全で美味しい野菜を作りたくて
by Inouenn
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

家田農園プロフィール

無農薬・無化学肥料栽培の野菜生産販売。

2004年1月より津市美杉町にて栽培開始

約7反の畑を借り、
年間約50品目を栽培

家田農園
515-3313
津市美杉町丹生俣1379
TEL・FAX059-275-0277

外部リンク

ブログジャンル