家田農園 ~いえちゃんの野菜~

落ち葉

今日から12月だというのにいうほど寒くないですね。
昨日は暑いぐらいやったし。

玉ねぎやキャベツの定植も終わり本来ならば収穫・出荷・畑の片づけ・収穫・出荷の毎日でしたが今年は収穫物が少ないのでせっせと堆肥づくりに励んでいます。

自分のこれからの農法をいろいろ考えていますが、1町歩の畑にすべて堆肥を入れることは難しく(今現在屋根つきの堆肥舎があるわけでもないので大量生産できない)、緑肥と合わせて栽培するところに落ち着きそう。そして種取も少しずつ始めようかと。でも肥料をバンバン投入してきた畑から採取した種では生命力の強い種は生まれず、まずは土壌にたまっている肥料を抜かねばならないらしい。自然農法の話を聞くと今までの自分の行いがいかにまずかったかを思い知らされます。土壌本来の力を引き出すことをせず、肥料で野菜を育てるんだという観念が間違っていました。土壌微生物が育てている事に目を向けないで…。

自分の家の近辺で集められる材料を使い、畑を森と同じような環境に近づける為に少しずつではありますが堆肥作りを進めています。微生物の宝庫の落ち葉をせっせと集め。d0090842_10232090.jpg
[PR]



by Inouenn | 2011-12-01 10:41 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iedanouenn.exblog.jp/tb/15036206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by もりゆうき at 2011-12-01 13:55 x
僕も、ここ最近無肥料の考え方や、種採りの大切さを感じています。ジャガイモだけは就農当初より、完全無肥料&連作&種採りしてますが、これが最高。自然の凄さを実感しています。
Commented by Inouenn at 2011-12-02 06:45
無施肥の考え方は最初から頭になく、問題に直面してから右往左往する自分の小ささに哀れを感じるよ。ジャガイモいいんやね~。大きさはやっぱり小さくなっていくんかな。自然・土壌の力やね。

安心安全で美味しい野菜を作りたくて
by Inouenn
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

家田農園プロフィール

無農薬・無化学肥料栽培の野菜生産販売。

2004年1月より津市美杉町にて栽培開始

約7反の畑を借り、
年間約50品目を栽培

家田農園
515-3313
津市美杉町丹生俣1379
TEL・FAX059-275-0277

外部リンク

ブログジャンル