家田農園 ~いえちゃんの野菜~

こんな感じです

d0090842_21141164.jpg台風後からひたすら柵の建て直しに励んでおります。
2004年から美杉で農業を始め、毎年毎年面積を拡大した結果、柵の総距離もハンパない長さになってしまっています。
台風前から危ないなと思っていた場所もありながら野菜の世話の慌ただしさを理由に見て見ぬふり。
まぁ大丈夫だろうと思っていた甘さが一度に自分に跳ね返ってきました。
こんなことがないと真剣に柵の補強に向き合えないのでいい機会かと思っています。

d0090842_2120366.jpgがしかし、台風前から播いていた苗は早く植えてくれと言わんばかりの具合に。
来年一年間分の玉ねぎの種まきも葉物・大根なども播かないとあかんし、う~ん頭がいたい。
これも面積を増やし手広くやってきた跳ね返りです。

片屋根の小屋も倒れました。これも自分の建て方が悪いのです。
解体・撤去しない限りハウス内にあるハンマーナイフが取り出せず、今が刈り時のセスバニアをやっつけられない状況。オーマイガー…でも優先順位からすると明日明後日にはまだ取り掛かれないかな。

d0090842_21242067.jpg何カ所かに播いた人参の一つはもうわずかに葉が見えるだけで泥で覆われました。そして日に日に乾いてこのひび割れ。この区はあきらめ。






d0090842_21262633.jpgd0090842_21263422.jpg暴風で葉がもまれ台風直後よりも2,3日後になると葉の傷みが顕著になります。ナスもゴーヤも黒くなっていきます。




d0090842_21282169.jpgd0090842_21282993.jpg










自分の住む地区でも山が抜け流木が流れた谷があります。
その川沿いにある自分の畑の一部に土砂が流れたまりました。
プレゼントのように流木まで畑の畔に添えられてる感じ。
運よくズッキーニ跡地で何も作ってませんでしたが里芋に少しかかり~の。
土砂の撤去はいつできることやら。
この支流にかかる橋のガードレールも吹っ飛びました。いやはやすごい勢いな濁流ですな。

正直何からやったらいいのか迷っている状態。
今はお隣さんや通行の妨げとなる場所の柵を直していますが
苗も植えたい、種もまきたい、小屋も撤去したい、土砂も、ハンマーナイフも…。
復旧ばかりやっていたら種まき時期を逃すことになるし、でもやらなあかんしで。

とりあえず、玉ねぎの種は播かなあかんな。

そんなこんな感じです。
[PR]



by Inouenn | 2011-09-07 21:45 |

安心安全で美味しい野菜を作りたくて
by Inouenn
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

家田農園プロフィール

無農薬・無化学肥料栽培の野菜生産販売。

2004年1月より津市美杉町にて栽培開始

約7反の畑を借り、
年間約50品目を栽培

家田農園
515-3313
津市美杉町丹生俣1379
TEL・FAX059-275-0277

外部リンク

ブログジャンル